税理士(国家試験である税理士試験に合格すれね、すぐに税理士になれるというわけではありません。また、税理士試験に合格する以外にも税理士になる方法はあります)の資格を取得しても、働く場所がないと困りますよね。 では、税理士(税理士としての業務に付随する範囲内であれね、社会保険労務士の業務の一部を行うこともできますし、行政書士登録をすることで行政書士業務を行うこともできるでしょう)の求人はどのくらいあるでしょうか? まず、税理士の就職先として一般的なのは、税理士(企業や個人などの依頼を受けて、税金に関する相談にのったり助言をしたり、書類の作成、会計帳簿の代行や申請などを行う税務の専門家です)事務所や公認会計士事務所です。 ただ、この二つの就職(一般的には、正社員として職業を得ることをいいます)先に関していえば、それほど求人は多くありません。 なぜなら、税理士事務所や公認会計士(試験を受けなくても、登録さえすれね、税理士や行政書士の業務を行い、名乗ることができます。また、司法書士や社会保険労務士の一部の業務も行うことができるでしょう)事務所は、少ない人数で運営していることが多いからです。 一般企業のように何十人も募集しているところはなく、ほとんどが数人程度の募集でしょう。 また、欠員がなければ人員を補充する必要もありませんので、募集を行わない税理士事務所や公認会計士(試験を受けなくても、登録さえすれね、税理士や行政書士の業務を行い、名乗ることができます。また、司法書士や社会保険労務士の一部の業務も行うことができるでしょう)事務所もたくさんあります。 そのため、もし、税理士事務所や公認会計士事務所で働くのであれば、その事務所に欠員が出た時しかチャンスがありません。 5月〜7月くらいに8月の試験勉強の為に退職される方がいるので、その時期を見計らってください。 それに、一般企業(それぞれのカラーがあるものですよね。社長や社員をみるとある程度の雰囲気はわかるかもしれません)で税理士(企業や個人などの依頼を受けて、税金に関する相談にのったり助言をしたり、書類の作成、会計帳簿の代行や申請などを行う税務の専門家です)を必要としているところもありますから、場合によっては一般企業(シルシルミシルで紹介しているのをみると、すごいなあと感心してしまうことがよくあります)を視野に入れるのも良いでしょう。 企業にとって、税に強い人材は非常に頼もしい存在なので、税理士(国家試験である税理士試験に合格すれね、すぐに税理士になれるというわけではありません。また、税理士試験に合格する以外にも税理士になる方法はあります)という資格は就職にすごく有利ですー