スノーパウダーウォッシュ 使い方

スノーパウダーウォッシュの洗顔の際に正しい使い方とは?

スノーパウダーウォッシュの洗顔

スノーパウダーウォッシュをこれから使おうと思っている方は洗顔の使い方がわかりませんよね。スノーパウダーウォッシュを試す前に、洗顔の効果的な使い方についてお調べしました。これからスノーパウダーウォッシュを試される方は洗顔の使い方をご参考にしてください。

 

スノーパウダーウォッシュの使い方

スノーパウダーウォッシュの使い方をご紹介しましょう。

 

スノーパウダーウォッシュは、メイクや日焼け止めや皮脂の汚れを落としてから使用しましょう。手で泡立てますのでハンドソープや石鹸で綺麗に手を洗っておきましょう。

 

まず、袋からスノーパウダーウォッシュを手の平にだしましょう。そして、手の平の中のパウダーに少しずつ水を加えていきます。付属の泡立てネットを使用すると濃密なもこもこの泡ができます。

 

ぬるま湯を少し乗せて泡立てます。スノーパウダーウォッシュは無添加なので、普通の洗顔フォームと比べると、ほとんど泡立ちません。水に溶かすだけでは効果が薄いので、ある程度泡立てましょう。

 

泡立てネットは雑菌が繁殖しやすく、使った後と使う前にはしっかりと洗浄するようにしてください。

 

最後に泡立てネットについた泡をとりましょう。さらに手の平で泡をすりつぶすようにすると、濃密な泡になります。

 

泡をまず額から鼻にかけてのTゾーンにのせていきます。その後、顔全体に泡をのせましょう。1分くらい、皮膚の上で泡を転がすように洗顔します。

 

あまり長い時間洗っていると肌に負担がかかりますので、優しくさっと洗いましょう。

 

その後、水、またはぬるま湯で洗い流しましょう。皮膚温よりも高い温度で洗い流すと肌に必要な潤い成分が流れてしまいます。32度くらいのぬるま湯で洗い流しましょう。

 

洗顔料が少しでも残ることがないように、丁寧にすすぎましょう。しっかりとすすぐことが大切です。

 

清潔なふわふわのタオルで水滴を抑えます。このとき、タオルでごしごしとこすらないように注意しましょう。

 

水気が取れたら、化粧水や美容液で保湿しましょう。洗浄力が強いので、洗顔後はお肌に負担がかかっていますので、なるべく早めに保湿ケアをしましょう。

スノーパウダーウォッシュを使う際のポイント

スノーパウダーウォッシュを使う際のポイントをご紹介しましょう。

 

必ず手を洗ってから洗顔をするようにしてください。そして、スノーパウダーウォッシュのパウダーを吸い込まないように注意しましょう。泡立てネットを使って、しっかりと泡立てましょう。長時間、泡を顔の上にのせないように注意してください。

 

顔を強くこすらないように泡を洗い流しましょう。洗い残しがないようにしっかりと洗い流しましょう。

 

このように、6つのポイントを意識して利用すると安心して使用することができます。万が一、肌に合うかどうか心配な方はパッチテストをしてから利用するのがおすすめです。

 

美容には高い効果が期待できますが、間違った使い方をすると、肌荒れやニキビの原因になりますので注意しましょう。

 

>>スノーパウダーウォッシュの最安値はこちら