パウダー メリット

酵素パウダー洗顔のメリットとデメリットについて!

パウダーのメリット

酵素パウダー洗顔は今注目されていますが、そのメリットはどんなことでしょうか?酵素パウダー洗顔を試したいと思っている方はそのメリットを知りたいですよね。そんな方のために、酵素パウダー洗顔のメリットとデメリットをご紹介しましょう。

 

酵素パウダー洗顔のメリットとデメリット

酵素パウダー洗顔というのは、正しく使用するとお肌の悩みを効果的に取り除いてくれますが、誤った使い方をすると、肌トラブルのものとになります。

 

酵素パウダー洗顔のメリットとデメリットをきちんと押さえて使用しましょう。

 

酵素パウダー洗顔の一番のメリットは、酵素の力で毛穴の汚れを落としてくれるということです。古い角質や酸化した皮脂が落ちると透明感が増します。ターンオーバーを正常な状態にしてくれます。

 

酵素パウダー洗顔のデメリットは、酵素パウダー洗顔を毎日使用すると、古い角質だけでなく必要な角質を落としてしまいます。その結果、お肌が乾燥したり、皮脂が過剰に分泌されたりします。商品によっては、使用頻度が記載されていますので必ず守りましょう。

酵素パウダー洗顔の選び方

酵素パウダー洗顔はどのように選ぶといいのでしょうか?自分にあった酵素パウダー洗顔の選び方をご紹介しましょう。

 

まず、洗浄力の強さだけで選ばないようにしましょう。酵素パウダー洗顔を選ぶ際には、古い角質を落とし、肌本来のターンオーバーを乱さないものを選びましょう。酵素パウダー洗顔は洗浄力が強いと、肌トラブルになる場合もあります。

 

泡立ちがよいということは大切なポイントです。酵素パウダー洗顔はもちろん、洗顔料というのは、しっかりと泡立てて使いましょう。泡立ちが悪いと、肌を指で擦ってしまうので肌トラブルの原因になります。キメ細かい泡が作れる洗顔料を選びましょう。

 

酵素パウダー洗顔を使用した後の洗い上がりは大切です。酵素パウダー洗顔の中には洗いあがりのうるおいを奪わないようにうるおい成分を配合したものがあります。洗顔後に肌のつっぱりを感じたり、刺激を感じるようなら、洗顔料が強いのでしょう。強いものを使い続けるのは肌トラブルになりますので、洗顔後のお肌をチェックしましょう。

 

酵素パウダー洗顔は、敏感肌の方や乾燥がひどい肌の方にはおすすめできません。肌の角質や皮脂を分解し取り除く洗顔料なので、敏感肌の方には刺激になる場合があります。敏感肌の方は、1週間から2週間に1回というように、使用頻度を少なくして使いましょう。使用後は保湿を必ずするようにしましょう。

 

肌が炎症を起こしている場合には、酵素パウダー洗顔は使用しないようにしましょう。

酵素パウダー洗顔の使い方

酵素パウダー洗顔を初めて使う際には週に1回くらいにして肌の状態を確認しながら使用しましょう。毎日使用するのは肌に負担をかけてしまいます。

 

泡立てネットを使用して、たっぷりと泡立てて使うようにしましょう。泡を転がすようにして、そっと洗いましょう。手の平でゴシゴシこするのは肌が負担になりますので注意してください。

 

洗顔した後はしっかりと保湿をしましょう。古い角質や皮脂を落とすと乾燥しやすくなりますので、保湿をすることは大切です。